クレーン・コンプレッサー・ドライヤー・真空ポンプ・チラーのコンサルタント

圧縮機の設置(吸気)条件の改善

1.圧縮機の吸込み空気温度を10℃下げると、3.7%の重量比換算の空気量が増加します。
 従って、圧縮機室内の換気を十分に行って温度を下げると省エネになります。

2.空気中に含まれる水分が多いとドレンとして凝縮し機外に排出されるため、圧縮空気の量は減少します。
 従って、吸込み大気の湿度は低いほうが省エネになります。

3.粉塵の多いところでは吸込みフィルターの汚れで圧損が発生し電力費のロスになります。
 吸込み抵抗の削減を行なうことで省エネになります。

お気軽にお問い合わせください TEL 023(654)1520 受付時間 8:00 - 17:00

PAGETOP
Copyright © 株式会社 富士メンテナンス All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.