クレーン・コンプレッサー・ドライヤー・真空ポンプ・チラーのコンサルタント

主要部品のメンテナンス

◎Vベルト

1. ベルトの点検、交換の時は必ず電源を切り、
コンプレッサが完全に停止状態である事を確認してください。
2. ベルトの交換基準は12000時間、または2年です。
但し、これよりも短時間に亀裂、磨耗、剥離等の異常が発生した場合は
原因を調べ必要な処置を施した後に交換してください。
3. 交換の際は全て新しいベルトを用い、古いベルトとの併用は
耐久力を著しく減少させますので避けてください。
4. 機種、仕様に合ったベルトの形式、品番を確認し(取扱説明書参照)、
張りとたわみを測定しながら調整してください。
5. ベルトがプーリーになじむには数日かかります。
ベルトの交換時初回は30時間、以後1500時間毎に張り直しを行ってください。

◎オイルフィルター Ⅱ~

1. オイルフィルターはカートリッジ式になっており、交換基準は3000(6000)時間毎です。
但し、目詰まりによって3000時間に満たない時期に交換を必要とし、
ランプが点滅することがあります。
2. 交換は、停止ボタンを押し、計器パネルの圧力計指示が0kgf/cm2である事を
確認してから行ってください。
3. オイルをこぼさないように、受け皿を用意して取り外してください。

◎オイルセパレータ

1. オイルセパレータの交換基準は6000時間です。
但し、交換時間は運転条件や環境により短くなる場合もあります。
2. 必ず計器パネルの圧力計指示が0kgf/cm2であることを確認し、
吐出空気配管の圧縮空気を放出してから作業を行ってください。
3. オイルをこぼさないように、受け皿を用意して取り外してください。

◎ダイヤフラム

1. ダイヤフラムの損傷状態の点検を6000時間、または1年毎に行ってください。
2. ダイヤフラムの交換基準は12000時間、または2年毎です。

交換方法については、お手持ちの取扱説明書をご覧ください。

お気軽にお問い合わせください TEL 023(654)1520 受付時間 8:00 - 17:00

PAGETOP
Copyright © 株式会社 富士メンテナンス All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.