こんにちは。管理者の高橋です。今日はぽかぽかのいいお天気です。山形もだいぶ雪が解けて春らしくなってきました。時期的には卒業式が終わり、人事異動の発表が終わり、引越しやら入学式やらで新生活をスタートさせる準備に追われている方がたくさんいらっしゃいますね。私も子供の卒業式があり、知らないうちに成長している我が子を見てうれしくなりました。それと同じくらい、少しずつ親離れしていくことに寂しくなりました。
 子供の頃は、勉強することが当たり前で早く解放されたいと思っていたものですが、社会に出るとそれまでの勉強とは比べ物にならないくらい多くの事を学ばねばなりません。しかし、強制ではなく自発的にやるということが大きな違いかもしれません。それでも、根底にあるのは小さい頃に培った様々な経験ではないかと思います。勉強にしろスポーツにしろ、はたまた地域の活動やそれらを取り巻く人間関係。その経験こそが、今の自分を作った基礎なのではないかと思うのです。だからこそ、子供時代の今にいろいろな経験をして欲しいと思います。。

さて、弊社で定期的に行っているクレーンの点検。法令では、年次点検と月例点検に分けられます。定期的に行っていれば、不具合箇所を早急に見つけることができ、修理費用もかさみません。また、不良箇所を発見・修理することでクレーンを使用する時のクセや普段どのように使用しているのか状況を知ることができます。クレーン点検は、定期的に行いましょう。