こんにちは。営業の高橋です。11月7日から3日間のタイ研修の中でオリオン機械殿のタイ工場視察に 行って参りましたので報告します。所在はバンコクから車で約2時間半のアユタヤ地区工業団地にあり、近くには世界遺産に指定されている遺跡群のある地区としても有名です。また、昨年の大洪水では甚大な被害もあった場所であります。

訪問したタイ工場では基礎部分を建築中に洪水に遭い、2m以上の浸水があったため急遽設計を変更して完成を迎えたとのことです。聞けばタイは非常に洪水が多く、小さな洪水は各地で年に何度もあると言っていました。

2013.11.26

タイは私が初海外旅行で15年前に訪れた国でもあり、個人的にも思い入れが深い国なのですが、当時と比較すると経済の発展は本当に目覚ましいなと感じました。バンコクの町並みも色々変わっていて、いつの間にかBTSという鉄道が走りまわり、国際空港も代わり、世界の高級車、特に日本車がひしめきあっている状態でした。日本企業もホントに多く、活気溢れる雰囲気ムンムンです。

急遽、同行メンバーのお客さんである日本伸管㈱様のタイ工場にもお邪魔し、現地の産業の現状を存分に確認してまいりました。様々な面で、まだまだ発展途上のように感じる部分もあったのは確かですが、アジア市場におけるチャイナプラスワンの筆頭であるタイにはますます注目ですね!