こんにちは。営業の高橋です。三井精機のコンプレッサは納入時に、我々サービス工場による立会試運転を実施することになっております。これは、納入時の点検にてトラブルを未然に防ぐとともに、ユーザー様への取扱方法や日常点検項目についての説明をさせて頂くためです。また、使用環境に応じたアドバイスを実施する場でもあります。

ちなみに、3ヶ月~6ヶ月経過後、再度無償点検を実施し、その後の状況確認とフォローもしております。意外と、ここまで実施しているメーカーは少ないのではないでしょうか!?これは、エアーコンプレッサーという工場にとっての心臓部分を司る機械メーカーとしての意識の現れではないかなと、私は思います。そういったメーカーのサービス体制を敷き、より良いサービスを提供する為には、我々にもそれなりの努力が必要です。まず、意外と知られておりませんが、サービスを実施するにはライセンスを取得しなくてはなりません。そのためには膨大なマニュアルをもとにみっちり勉強し、学科試験、実技試験をパスしなくてはなりません。そこで培った知識と技術があるからこそ、現場での適切な判断が出来るのです。

2013.10.30

今回、入社2年目の鈴木君がこのライセンスを取得しましたので記念撮影です。本人もうれしくて満面の笑みです。
今後もよろしくお願いします。